Home > 新着情報 > 【11/22】秋のしゅうかくさい♪

2015.11.27

【11/22】秋のしゅうかくさい♪


冬の足音近付く辻又集落。本日は「秋のしゅうかくさい」と題して

餅つきと豚汁作りを行いました。それぞれ、今年とれたてのもち米、旬の野菜をふんだんに使用しました♪♬♪

加えて、今回は特別に活動場所の辻又集落の人を講師としてお招きして、辻又の味をご指導いただきました。もちつきも同様に、堂々たるもちのつきっぷりを披露していただきました。

 

冬目前の体育館は、外は晴れでも中はちょっと寒く、緊張も相まってみんな表情は硬め。

そこで、まずは恒例のアイスブレイクを実施!後だしジャンケンなどをやったら、次第に笑顔が増えていきました。

CIMG4756_R CIMG4758_R

心も体も温かくなったところで、クッキングタイムの始まりです。もち米を火にかけて蒸している間に豚汁を作ります。

辻又のおかみさんから使用する材料や切り方を教わったら、早速野菜を切り始めました。

小さいお子さんはお父さんやお母さんと一緒に、小学生の子は1人で挑戦!

あっという間に切りそろえられた食材の山ができあがっていきます。

CIMG4776_R CIMG4775_R

 

食材を切っているうちに、もち米も蒸しあがりました。

まずはスタッフと集落の人とで、丹精込めてつきました。

IMGP1170_R IMGP1171_R

 

第二弾は子どもやお家の人についてもらいました。保育園の時に先生とやった経験がある小学生の子。今度は1人でつきます。重い杵を頑張って振り上げていました。

 

 

そして、子どもも楽しそうにやっていましたが、実はお父さん、お母さんの方も楽しみにしていたみたい。とても良い笑顔でついていました♪

CIMG4783_R CIMG4786_R

でき上がったお餅は、きなこ・あんこ・大根おろしなどをかけていただきました。つきたてほやほたのお餅は弾力があるのにやわらか!具だくさんの豚汁とあわせて、大好評でした♪

IMGP1176_R IMGP1181_R IMGP1182_R

 

食べきれなかったお餅はお土産としてお持ち帰り。帰ってからも自分達で作ったお餅の味に舌鼓を打ちながら食べたことでしょう♪

餅つきに、地域の味。地元で受け継がれてきた技が次の世代に広まる良い機会になったかと思います。

そして、小さい頃は1人で持てなかった杵が、今回は1人でできたことで成長を感じたことでしょう。

参加された方にとって、色々な意味で「実り」のしゅうさくさいとなっていれば幸いです。

 

>一覧に戻る

Top